ジョイステワークショップ講師募集!



ジョイステワークショップとは?

ジョイステワークショップとは、 裏方技術や役者技術を身に付けたい・高めたいと思っている演劇関係者に向けて行うワークショップです。

役者は演劇技術を身に着けるためのワークショップがいくつもありますが、裏方の技術を共有できる場所は少ないと感じています。 また、役者ももっとたくさんのワークショップを受けられるようにと思い、演劇関係者のスキルアップを目的としたのがジョイステワークショップです。

1つの講座が複数回からなっており、技術をワークショップを通じて身に着けることができるものを想定しています。


どんなワークショップをひらけばいいの?

裏方のワークショップは、裏方技術の基礎講座から何かを組み立てたりする実践的なものまで想定しています。 例えば照明の場合、 ・入門編→照明を動かすための基礎知識(座学/オンライン) ・初級編→プランニングからの実際に照明を釣ってみる(劇場) のようにクラス分けをした後、入門編が全4回、初級編が全6回などと決め、クラスごとに参加者を募集します。

自分が得意な分野に特化したもの1つだけのクラスでも、照明や音響、メイクなどのクラスをいくつかのクラスに分けて開催するのでも大丈夫です。

現在、対面で行う実習講座は都内のみの募集ですが、オンラインで行える座学のものは全国からご応募可能です。


お金はどうなるの?

現在、都内にいくつかあるスタジオさんと交渉しております。 そのスタジオで行うか、講師の方がやりやすい稽古場があればそちらで行うという形になります。

スタジオの使用時間の計算は、ワークショップ時間+1時間で計算致します。 (全てのワークショップの売上)ー(全ての場所代金)÷2=講師の方へのお支払い と現在では考えていますが、他の計算方法が良い場合はお申し出くださいませ。

集客の方は、カルチャースクールなどを取り扱っているサイトにも掲載することを考えています。 講師の方に全ての集客をお任せすることはございませんが、集客の方にご協力頂きたいとは思っています。


話を聞いてみたいだけでもお気軽にお問い合わせください!

ワークショップ開いてみたいなぁと思った方はお気軽にご連絡ください。 日程や時間、頻度なども柔軟に対応させて頂きます。

お問い合わせはinfo☆butaiura.com(☆を@に変換してください)か TwitterのDMにご連絡くださいませ。

多くの講師の方と出会い、様々なワークショップを開くことができるのを楽しみにしています。

79回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示