Crossed Яeal Projectワークショップ講師・裏方講師募集!



Crossed Яeal Projectとは?

Crossed Яeal Projectとは、 「舞台を作ってみたいけれど部活とか社会人団体には入れない」 「学外や社外の人と演劇公演を作りたい」 という人に向けて、演劇公演を1から作って公演をするワークショップです。

舞台を作るためには仲間が必要ですが、部活や社会人劇団に入るのはちょっと……という人や 毎週稽古は無理だけど半年なら頑張れる!という人がいると思います。

そこで、1公演完結型の舞台ワークショップを行い、数ヶ月間の稽古で舞台を作れる場所を提供しようと考えています。 部活で毎日練習や、社会人団体に加入しなくても、やりたいという思いで参加できるワークショップです。

稽古・公演期間は学生向きなら長期休みに集中して、社会人やシニアには週1〜2回の稽古で半年間かけてなどを想定しています。


どんな公演をしたらいいの?

Crossed Яeal Projectの舞台は、ジャンルや人数など制限はありません

事前に脚本を一部または全部公開し、参加者を募ります。 ミュージカルでも殺陣でも、指導者が確保できれば可能です。 基本的に初心者を想定しています。

人数は、感染症の状況などを見て判断ですが、都内のいくつかの広いスタジオさんと交渉しています。 おそらく、同時に10人程度の稽古ならば可能だと考えています。 ダブルキャストなども可能です。


お金はどうなるの?

現在、都内にいくつかあるスタジオさんと交渉しております。 そのスタジオで行うか、講師の方がやりやすい稽古場があればそちらで行うという形になります。

20〜30日の稽古と1週間の小屋入り(公演含む)を想定して、メイン講師の方は30万円程度のお支払いを考えています。(参加人数などにより変動します。)

裏方での参加の場合、稼働日数×1万円を想定しています。

集客の方は、カルチャースクールなどを取り扱っているサイトにも掲載することを考えています。 講師の方に全ての集客をお任せすることはございませんが、集客の方にご協力頂きたいとは思っています。


話を聞いてみたいだけでもお気軽にお問い合わせください!

ワークショップ開いてみたいなぁと思った方はお気軽にご連絡ください。 日程や時間、頻度なども柔軟に対応させて頂きます。

お問い合わせはinfo☆butaiura.com(☆を@に変換してください)か TwitterのDMにご連絡くださいませ。

多くの講師の方と出会い、様々なワークショップを開くことができるのを楽しみにしています。

49回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示